株式会社 ニイノ建設グループ:Architecture+Urbanplanning

立退き~解体~設計~建築~入居募集
一気通貫した木造建築による街づくり計画

<2022年9月迄建築中>
"ニイノ キヅカイシリーズ"
~木を使い、住まう人にも気遣う~

この建物が建って街がよくなった。
街の価値が高まる建築設計を目指して・・・

築40~50年の建物が連なるエリアを
木造住宅により温かみのある街へと演出

立退きや解体、建替えでお悩みの方へ
街の雰囲気がこんなに変わったと思える計画へ

NIINOの木造住宅の新ブランドから早くも第四弾の誕生です。
進化した木造建築シリーズである"ニイノ キヅカイシリーズ"
今回は、築40~50年の古い建物が4棟あった敷地約400㎡(約120坪)の土地です。
建物の老朽化に伴い、現入居者様にお引越しをしていただく立退き業務から、
建物の解体~どのくらいの建物が建てられるかの設計・建築まで行っています。

居室同士が干渉しないようにクローゼットや水廻りに配慮したり、
天井裏や床はもちろん、居室との間の界壁にも防音対策をしっかり講じております。
※2022年9月末迄建築をしておりますので、ぜひご相談下さい。

Planning

どの街に行っても、他の県に行っても同じ建物があると変わり映えしない街ができてしまいます。設計を通じて街づくりを行っている当社の思想として、同じものはない土地同様、その土地や地域、そして街に合った建物と間取りをデザインしています。 今回の計画では、築40~50年の古住宅が4棟立ち並んでおり、建物の劣化状況に不安と心配があり、且つ古い建物並ぶことで街が少し薄暗い印象を受けていました。

Before

<立退き業務> 建物を解体する前の状況です。 コロナ禍ということもあり、約1年をかけ現入居者様のご事情を最大限汲み取りながらお引越しをしていただきました。各入居者様の建物や地域に対する思い入れを大事にしつつ、残置物の処分やお引越しのお手伝い、引越し先の手配など色々なやり取りを通じて、最後は"ありがとうございました。助かりました"と言っていただくまでご理解をいただいた時には、こちらも感極まりました。

After

<解体工事> 建物を解体した後の状況です。 地元の解体業者と共同し、前入居者様が残していった家電や家具なども極力費用を抑えて解体を行いました。入居者の方々も不必要なものが無料で捨てられたという解放感もあり、予定していた期間よりも早く引越された方もおりました。 また解体後は、近隣の近隣環境との相違は大丈夫か、近隣と洗濯物は干渉しないか、フェンスは大丈夫かなど図面ではわかりずらかったことを再度、自身の目で確かめる現場チェックを行います。

Construction

<設計監理・施工管理> 工事中の状況です。 工事の時にしか見ることが難しい床下の給排水管がしっかり脱着されているか、また管にキズやヘコみがないか、水がちゃんと流れるように勾配は取れているかなど、当たり前の作業かと思われますが、我々にご相談いただいく大家さんでも、建築会社がこの作業を見逃したり、それが原因で漏水してしまったというご相談を多数いただいておりました。当たり前のことをしっかり行う。施工状況を写真で残し、凡事徹底を重んじた設計監理を行っています。

CGパース Type-1

<内装イメージパース> 内装のイメージです。 このタイプは、ブルー&グレーのアクセントクロスを施したり、間仕切り壁を半透明タイプのものを採用することで、木造という温かみのある建物の中にも、シックでインテリジェンスさを感じていただけるような内装デザインにしました。 また、玄関から入室した後のトビラをどかすことで、玄関も居室の一部として広く使えるような空間デザインを施しました。

CGパース Type-2

<内装イメージパース> 内装のイメージです。 施主様(所有者)にご提案した内容で、3階建ての建物なので、1階は窓からの採光が入りにくく、上階になれば陽の光が入りやすい点を考慮し、床の色味も階数によって明るい~暗めの仕様を採用しました。室内のバリエーションを持たすことで、借りる側も楽しんで選んでいただけるように計画しました。

Indoor

内装画像は施工中につき、お待ち下さい。

For Rent

2022年8月頃より募集開始します!

Photo gallery

さらに物件を見る

お問い合わせフォーム

こちらより、物件の内見予約を受け 付けております。
以下の問い合わせフォームから 記入事項へご入力いただきお問い 合わせください。

予約申し込みをする